2009年07月09日

獣の国「日本」と国祖「国常立尊」の正体

日本は世界唯一の被爆国にして、戦争を放棄した国である。
その事について敬意を払う外国人は少なくない。
武装解除という勇気ある決断もまた、大和魂と呼ぶ事が出来るだろう。
武士道精神も、外国人から崇高の念を受けている。
拠って、日本には世界平和を主張する権利がある。
また、日本列島は世界地図の雛型であり、日本人には世界平和を実現する使命があるのだ。
だが、私は所謂「国粋主義者」ではなく、中道を往く者である。
船井幸雄氏などの有識者からも高い評価を受けている日本の預言書『日月神示』によると、日本は世界中の標的になるらしい。

「神の国八つ裂きと申してあることいよいよ近づいたぞ、八つの国一つになりて神の国に攻めて来るぞ」

「世界中総掛りで攻めて来るのざから、一度はあるにあられん事になるのぞ」


61EGEWYWEPL__SS500_.jpg

日本人のルーツを研究している歴史言語学者の加治木義博氏は、著書『【真説】日本誕生 黄金の女王・卑弥呼』(KKロングセラーズ)の中で、このように述べている。

『……日本は戦前、極悪非道な政治家どもに「占領」されていて、彼らは、こうした私たちの先祖の、真実の歴史が明らかになることを恐れていた。
なぜ恐れたか。
それはヒミコ、すなわち天照大神の「鬼道」が、仏の「絶対慈悲」「平和主義」「愛」といったものであることを、国民が知ることを恐れたのである。
しかし、その結果はどうなったか。
どれほど多くの人々が「生きながら地獄の苦しみを味わった」か、考えてほしい。
過去の「史学」やその仲間の学問は、その「悪魔」どもの道具だった。
だからそれは、真実を明らかにし、国民を平和に幸福にする、本当の学問ではなかった。
あべこべに国民を戦争に狩り出し、日本人が全滅するまで戦わせるための、「悪魔の組織」の一部だった。
第二次世界大戦は昭和天皇が反対を押し切って、死ぬ覚悟で「敗戦」を決定したから終わり、私たちは今、こうしてやっと本当の歴史を(かけらていどだが)見られる幸福を、楽しむことができたが、そうでなければ「大日本帝国の滅亡」ぐらいでは済まず、文字通り「一億玉砕」するところだったのである。
それも日本の国内だけなら、そんなヒトラーばりの連中に騙された国民の自業自得だと、あきらめるしかないが、日本の政治をどうすることもできなかった海外の、恐ろしいほど多くの人たちに、地獄の苦しみをなめさせてしまったのである。
こうしたことを「時代が悪い」とか「未開だったからだ」とか、いろいろな言い訳をする人間がいる。
しかしそれは間違っている。
今の日本人はその極悪非道を「許した」人間の子孫や親戚なのである。
もちろん私も、戦争中は生死の境に立たされ、様々なひどい目にあった。
被害者だと思ってはいるが、対外的には日本人である。
だから私は人類にお詫びするためにも……こんな本を書くのである』


私もそれに同感で、こんな本を書くのである。
このことは、日本人ひとりひとりが自覚しなければならない事である。

jwsh.jpg

加治木は、続けてこう述べている。

『いうまでもないが今の日本は、世界の助けがなければ絶海の孤島に合衆国なみの人口が飢えてひしめく、大変な「生き地獄」になる国だ。
商品をいくら作っても買ってもらえなければだめだし、お金がいくら余っていても、石油や食料を売ってもらえなければ一ヶ月ももたない国である。
そして今では私たち日本人の生活は、テレビで全世界に「まる見え」なのだ。
それが戦前のままの「ものの考え方」、体質をもっている、と分かれば、今度は天皇や総理がハラを切ったって、世界の人は許してはくれない。
外国人の目からみれば、テレビで見る自衛隊や、日の丸の旗を立てて走り回る自動車は、日本人が戦前の悪魔と同じ人間集団だと立証する証拠以外のなにものでもない。
世界の人々はそれを見るたびに、心の中で十字を切り、一日も早く日本人が一人残らずこの地球上から、消滅するようにと神に祈るのである。
もちろん、そんなことを口に出していう人は少ないが、経済摩擦にかこつけて、連日テレビで報道される「激烈な反日行動」の裏には、このことが「爆発点」に達したとき、かならず表面化する「抑圧された感情」が、はっきりと色濃くにじみ出ている。
その「嫌悪感」を、いっそう強く助長しているのが、「日本人種の孤立した歴史」なのである。
私たち自身、「世界のどの国の人たちと親戚関係にある」のか、はっきり説明できない。
世界でも類をみない「人類の中の無国籍もの」なのだ。
外国人からみれば、天孫族とは「宇宙から流れてきた(人類以外の怪物)なのである。」
そんなことで、どうして「国際化」などできるだろう?
そばへ寄れば「人類」の人々は気味悪がって逃げるだけだ。
夜になってひと皮むけば、その下から「もの凄い正体」が、ニューッとでてきそうだからである。
日本のこれからが、安心だと思う人は、余りにも世界のことも、人情も分からない「愚か者」なのである。
仮に議員や官僚にそんな者がいたら、それは不適格者だ。
これでなぜ?…「本当の日本史」や、さらに詳しい「日本人のルーツ」が「緊急に」必要なのか、よくお分かりになったと思う。
あとはご自分でいろいろ思索していただきたい。
そして本当に世界の人たちに、心から愛され親しまれ、互いに助け合える日が来るようにしていただきたい』


日本人は本当に悪魔なのだろうか。
我々はアメリカの支配者を悪魔だと認識している。
彼らユダヤ系財閥は、堕天使ルシファーの崇拝者である。
『新約聖書』の「ヨハネの黙示録」に示される獣の数字「666」を掲げ、自ら「反キリスト」を名乗っている連中である。
だが、「ヨハネの黙示録」に登場する竜「ルシファー」は、この日本列島を意味する。
拠って、「反キリスト」は日本で誕生する事になる。
複合解釈はあれど、これは事実である。
詳細は『神仙組2【善悪逆転論】』を参照して頂きたいが、『日月神示』を降ろした龍神「国常立尊」こそが「ルシファー」だからである。
posted by CHYREN at 00:58| Comment(14) | 日本精神を取り戻せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

プロローグ

この記事は、2011年に私が出版する本の原稿である。
何故、2011年なのか……。2011年に私が33歳になるからである。
私が33歳でこの本を出版することは、19世紀のロシア教会の聖者ウラディミール・セルゲビッチ・ソロビヨフが予言していた。
本のタイトルは『万有の平和ならびに安寧への自由な道』。
その内容は、この世のあらゆる争いにピリオドを打つものだった。
著者はアンチ・キリスト……。
『新約聖書』の終末預言「ヨハネの黙示録」で世界の破壊者として登場する「獣」であり、ノストラダムスが予言する「CHYREN」である。
何故、私が敢えて「アンチ・キリスト」を自称するのか……。
私はこの本で、新世界秩序の構築と世界共和国の実現を提唱する。
その為には、旧体制・現在の社会システムの崩壊は必至である。
俗に言う「パラダイム・シフト」だ。
悪く言えば、反社会的な革命思想を私は持っている。
危険分子として社会から抹殺されるのは覚悟の上だ。
断っておくが、私は闇の権力の手下ではなく、敵対する者でもない。
方法論や手段は違えど、同じ最終目的を持つ同志≠セと言っておこう。

「破壊」なくして「創造」なし。
終わるものは終わらせなければならない。
私の使命は「平成維新・地球維新」を起こすことである。
私は新撰組の町「京都」で生まれ育ったが、新撰組に因んで「神仙組」という旗を掲げている。
自慢などではないが、私の祖先には「幕末のラスト・サムライ」と呼ばれる儒学者がいる。
西郷隆盛や勝海舟などに儒学を教えた人物である。
私の新世紀創造理念(地球再生プロジェクト)は、古今東西の多くの偉人の思想を土台として成り立っている。
それ故、私の構想の源泉を明らかにする為にも、数多くの引用をさせてもらうことにする。

また、世界共和国の実現は、「国際関係学」を無視して語れない。
国際関係学とは、政治学的、法学的、経済学的、社会学的、心理学的、歴史学的、軍事学的な分野に及ぶ研究で、外交政策、安全保障、戦争、南北問題、難民、軍備管理、貿易摩擦、環境問題など、総合的な社会科学としての性格を持っている。
私の兄弟はイギリスのセントアンドリュース大学で「国際関係学」を学んでいた為、兄弟のアドバイスを受けながら、執筆を進めていきたい。
私の兄弟も、世界平和の為、そして日本の為に何かを企んでいるようだが、私とは対象的な思考形態を持っている。
その為、同じ目的であっても、その過程は天地の差があり、対立構造にある。
適切な表現ではないが、右脳と左脳の違いに似ている。
しかし、その両者の融合こそが、新世紀を切り開くものだと私は信じている。
posted by CHYREN at 10:17| Comment(0) | プロローグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。