2009年08月01日

世界の反日感情を拡大する韓国の実態

世界の反日感情や日本バッシングは、日増しに高まってきている。
多くの国々は、日本が主導で世界が周ることを許さないだろう。

イエスは言われた。

「汝の隣人を愛せよ」
(「マタイによる福音書」第22章39節)

隣国の韓国は、人口の約3割がキリスト教徒で、キリスト教が最大勢力の宗教となっているが、韓国の反日感情は特に過激である。
統一教会の過激な布教活動は日本でもよく知られているが、教祖の文鮮明は自ら「再臨のイエス・キリスト」を名乗っている。
「日本にイエス・キリストが再臨する」となれば、世界中のキリスト教国が黙っていないだろうが、韓国の反日行為は更に激化するだろう。

イエスは終末の徴について、イエスはこう答えている。

「人に惑わされないように気をつけなさい。
わたしの名を名乗る者が大勢現れ、『わたしがメシアだ』と言って、多くの人を惑わすだろう」

(「マタイによる福音書」第24章4-5節)

日韓の確執の問題は非常に厄介だが、解決の為には避けて通れない問題である。
だが、日本の土下座外交も功を成さないどころか、逆効果にさえなっている。
マスコミの情報操作に踊らされ、平和ボケした我々日本国民は、まず現状を知る必要がある。

korea.jpg

様々な見解があるだろうが、「ASKAZEERA 飛鳥昭雄が今の時代を鋭く読み解く!!辛口時事ネタコラム」から紹介したいと思う。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/258294/0

『平和ボケした日本で、長年つづく自民党の金権衆愚政治の結果、老いも若きも頭を腐敗させてきたようだ
特に主婦層は、躊躇もなく韓流ドラマにのめりこみ、放映する局は、海外を刺激しない信条のNHKと、左翼のテレビ朝日である。
ここで、日本人に目を覚ましてもらうため、韓国の教育界が子供たちに何をさせているのかをお見せしよう。
そうすれば少しは理解できるだろう。
ここにあるのは、韓国の「ケヤン中学」の生徒たちの絵だが、地下鉄「キュルヒョン駅」の構内に展示されたものである。
そのあまりのえげつなさに、カナダ人が撮影して世界に発信したものだ。
2005年6月7日〜7月6日までの1ヶ月間、「日本など核攻撃してもかまわない」「日本人の犬は犬小屋へ」「独島で泣く哀れな日本」「日本人の国旗は踏み潰してもかまわない」「日本を世界から葬ろう」等々。
こういう数百枚もの絵が、公共の場で堂々と展示されていた事実を知る日本人はほとんどいない。
それはそうだろう、TVなどマスコミは、自民党の推し進める日韓友好の主旨に従い、この手のニュースは上層部の段階で削除、または自粛するようになっている。
その結果、日本では、奥様たちが単純な韓流ドラマにハマり、韓流タレントの尻を追いかけていた。
韓国も韓国なら日本も日本だが、どちらが間抜けかといえば間違いなく日本の方だろう。
平和ボケした日本人には通用しないかもしれないが、韓国は「妬み国家」といっても過言ではなく、日本への嫉妬心が国の勢力につながる体制を形成している。
それらは全て韓国が軍事政権の時代に培われた教育の結果で、今の中心世代がその洗礼を受けている。
一度染み付いた知識は一朝一夕では洗い流すことは不可能だ。
日本人は原爆を2発落とされるまで、自分たちの受けた教育の愚かしさに気付かなかった。
基本的に一度捻じ曲がった教育の歪みは、国が焦土と化すまでは直らない。
ナチス政権下のドイツを含めて全てがそうだった。
現在、韓国に都合よく捏造された日朝史を、韓国の子孫がそのまま受け継ぎ、ますます捏造を拡大させている。
その成果の一端が、今回紹介した地下鉄の展示物である。
韓国が善人国、日本が悪人国という教育がさらに激化しているのだ。
こんなことは韓国では日常茶飯事で、何かあればソウルで必ず聞かれることは、「日本人などぶっ殺すべきだよ」「核兵器を作って日本に撃ち込めばいいんだ」「日本など海に沈めばいいのよ」というコメントが遠慮なく飛び交う。
現在、韓国は自分たちの捏造史を国際舞台に持ち込み、日本を悪玉に仕立て国際舞台から追い落とす活動に拍車をかけている。
今まで、極端な歴史の嘘を国際舞台に平然と持ち込む恥知らずな国など存在しなかった。
そのため、逆に世界は韓国の言葉を信じ込むようになっている。
昔の韓国の歴史など知る政治家は、現在の海外にはほとんどいないからだ。
その最大の応援者は日本。
何もしないでほうっておく態度が、国際舞台で韓国有利に働くのである。
とくに自民党の韓国への土下座外交が拍車をかけている』


korea2.jpg

『日本に問題があるとすれば、歴代の自民党が、中国、韓国、北朝鮮に土下座外交を続けてきたことだろう。
言っておくが、先の大戦で中国や朝鮮が日本に勝ったことはない。
おまけに韓国人が日本と戦い、独立を勝ち得たなどは最高の嘘である。
日本人と韓国人が、一緒になって中国やアメリカと終戦まで一緒に戦っていたからである。
日本はアメリカに敗北したのであり、旧ソ連は、「ヤルタ会議」でトンビに油揚げを英米から許されただけである。
さらに言うなら、「日教組」が、教員を使った「社会主義思想」の伝達と、革命を起こす教育を着々と進めていたため、文部省が戦中戦後の日本史を日教組に利用されないため、故意に戦中戦後史に時間を割さないカリキュラムを強制したからだ。
敗戦を思い出したくもない日本人の心理も左右したことだろう。
それでも小中高、大学における左翼教育思想は確実に学校を通して子供たちに根付いていった。
日本だけが戦争を起こした悪徳国家と教え込んだ裏に、中国がいたことは歴然で、今も日本人の多くはその影響下にある。
事実、筆者が高校生の頃、全共闘や赤軍派の学生が学校を占拠し、日本を社会主義化さそうと全国的な運動を起こしていた。
だから今も中国は、日本人に対して思想的に支配しているという自信を持っている。
日教組を通じて長年かけた教育的トラウマはそう簡単に消えないからだ。
今も日教組は、日の丸を卒業式に掲げたら、即、軍国主義国家になるという運動を全国規模で展開している。
その動きはまるで中国の「靖国問題」と同じである。
これらが結果的に、戦後生まれの若者世代に重要な歴史的事実を伝えない環境を作りあげ、中国と朝鮮の捏造史に振り回される結果を生んでいる。
嘘に反論できる材料を与えてこなかった自民党の怠惰のツケが、ここに来て噴出して来たのだ』


世界の反日感情を拡大している大きな要因が、韓国にあると言っても過言ではない。
だが、その韓国の反日感情に拍車をかけているのが、自民党の「土下座外交」という訳なのだ。
posted by CHYREN at 11:55| Comment(18) | 日本精神を取り戻せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

イエス・キリストの再臨と至福千年王国の実現

nostradams.jpg

ヒトラーやナポレオンの出現をはじめ、数々の予言を的中させたミッシェル・ド・ノストラダムスは、次のように予言している。

「ヨーロッパでは、長く期待してもついに再びあらわれない
それがアジアにあらわれる
大いなるヘルメスから生まれて団結するその国
東洋のすべての国をも超えるだろう」


人類滅亡の予言で世紀末を騒がせたノストラダムスの予言は、世間では外れたと認識されているが、研究家の解読が的外れだっただけであり、決して予言が外れた訳ではない。
ノストラダムスは、高度な天文学に基づく「マヤ暦」と対応した『新約聖書』の終末預言「ヨハネの黙示録」の内容を、占星術や透視を使って詳細に記したのである。
まず、ヨーロッパで長く期待しても再び現れない者とは、「イエス・キリスト」を指す。
それがアジアに現れ、東洋のすべての国を超えるという。
聖書で予言された「再臨のイエス・キリスト」が、アジアに現れるというのだ。
東洋のすべての国を超える国とは、普通に考えれば中国であろう。
だが、ロックフェラーが国連に宛てた書簡には、次のような近未来図のメモが添付されている。

「新しい単一世界国家の市民が出現し、アメリカ、イギリス、中国の政府は瓦解し、他国も無政府、無秩序状態に陥る」

また、ロックフェラーの番頭であるヘンリー・キッシンジャーは、このように述べている。

「われわれは、中国がアジア諸国を支配しようとすることは絶対に許さない」

ノストラダムスが予言する、東洋のすべての国を超えるアジアの国が中国ではないとしたら、一体どこの国なのだろうか。
1952年、ローマ教皇ピウス12世は、ラジオで日本国民に次のようなメッセージを送っている。

「いと慈愛深き我らの救い主は、来たるべき世紀を予言して、東の国の多くの人々が天国の饗宴に座する為、来り参ずるであろうといわれました。
この喜ぶべき予言が、私の愛する日本に実現しますように……」


何と、ローマ教皇が「日本にイエス・キリストが再臨する」と述べているのだ。
ルシファーの国である日本を滅ぼしに来るのではない。
これは爆弾発言である。
ローマ教皇庁は、世界で10億人の信者を有するカトリック教会の総本山である。
キリスト教全体では20億人、実に世界人口の1/3がクリスチャンなのだ。
更に、ロックフェラーの書簡には、このようなメモも添付されていた。

「バチカンとエルサレムは、宗教テロリストに破壊される」

事実、過去に100%の事柄が的中してきたという「聖マラキ予言」でも、次の教皇が最後の教皇になるという。
ローマ教皇庁が瓦解し、イエス・キリストが日本に再臨したとすれば、日本が東洋の大国になる可能性は十分ある。
もっと言えば、西洋文化圏に代わって、日本主導型の社会体制が構築される可能性さえ秘めている。
「日ユ同祖論」の提唱者マクレオドは、『旧約聖書』に精通し、古代イスラエルと日本の文化の共通性に気付き、独自の調査の結果、「失われたイスラエル10支族」が古代日本に渡来していたことを突き止めた。
そして、『旧約聖書』の「エゼキエル書」に予言されているメシア「ダビデ王」が、日本の天皇家から出ると断言した。

「ヨハネの黙示録」第7章にも同様の予言がある。

「また、一位の天使を見た。
この天使は生ける神の刻印を持って太陽の昇る方角から昇ってきた」


これは日出ずる国「日本」を指し、太陽神「天照大神」を皇祖神とする天皇家を暗示している。
ユダヤ人物理学者のアルバート・アインシュタインは、『世界の盟主』と題した次のような詩を遺している。

kjdsjjop.jpg

「近代日本の発達ほど世界を驚かせたものはない。
この驚異的な発展には他の国と異なる何かがなくてはならない。
長い歴史を通して一系の天皇をいただいているということが今日の日本をあらせしめたのである。
私はこのような尊い国が世界に一ヶ所位なくてはならないと考えていた。
なぜなら世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か戦いは繰り返されて最後には戦いに疲れる時がくる。
その時人類はまことの平和を求めて世界的な盟主を挙げねばならない。
この世界の盟主なるものは武力や金力ではなく、あらゆる国の歴史を抜き越えた最も古くまた尊い家柄でなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
我々は神に感謝する。我々に日本という尊い国を作っておいてくれたことを」


「我々」とは、明らかにユダヤ人を指している。
アインシュタインは血統的ユダヤ人ではないが、ユダヤ人の定義が「ユダヤ教徒」である以上、アインシュタインは日本人(イスラエル10支族)を同朋と考えていたのだろう。
10支族は「ユダヤ教徒」ではないが、『旧約聖書』では「10支族と2支族(ユダヤ人)が再び統合した時にメシアが現れる」と予言されている。
日本人こそが「失われた10支族」の末裔で、ユダヤ人が待望するメシア「再臨のダビデ王」が天皇家から現れることを知っていたのではないだろうか。
その他、20世紀最大の大霊能者と呼ばれたスウェーデンの科学者スウェデン・ボルグも、同様の予言を遺している。
『新約聖書』を教典としないユダヤ教では、イエスをメシアとは認めななかったが、イエスはダビデ王の子孫であり、再臨のダビデ王は「再臨のイエス・キリスト」なのだ。

senhj.jpg

では、「再臨のイエス・キリスト」とは一体何者なのか。
天皇家とどのような関係にあるのか。
「天照大神の岩戸隠れ」の神話は、聖書に記述されている「イエスの死と復活」の記述と完全に一致している。
つまり、皇祖神「天照大神」の正体は「イエス・キリスト」なのだ。
その証拠に「天皇」という文字を漢字打破法で分解すると、「工・人・白・王」となる。
「天」は「一大」ではなく、元来「工人」らしい。
工人とは大工のことで、天皇は「大工の白王」という意味になる。
イエスはダビデ王の末裔の大工の息子として生まれ、家業を手伝っていた。
イエスは「私は世の光である」と語ったが、「白」は光の色を表している。
また、洛書では「白」は東北を表す色だが、話が複雑になるのでここでは割愛する。
つまるところ、「天皇」とは「イエス・キリスト」を意味する漢字なのだ。
「天照大神=天皇=イエス・キリスト」であり、我々が呼ぶ天皇は正式には「天皇陛下」である。
「陛下」とは階段の下の事で、「天皇陛下」は天皇と人民の取次役を意味する。
即ち、イエス・キリストの神託を預かる預言者が「天皇陛下」なのである。
また、天皇陛下を影で支える皇室祭祀を司る「秦氏」が、イエスの使徒でユダヤ教祭司を司ったレビ人の末裔である事が、サイエンス・エンターテイナーの飛鳥昭雄氏によって明らかにされている。

イエスが説いた「原始キリスト教」は、原始キリスト教徒「秦氏」によって古代日本に持ち込まれ、古神道と融合する形で天皇家に継承されていたのである。
イエス・キリストが天皇家に再臨する……それがどのような形で実現するかは、ここでは論じない。
「ヨハネの黙示録」では、再臨のイエス・キリストが「至福の千年王国」を統治することが予言されている。
イエス・キリストが再臨すれば、私はこのような本を書く必要もない。
だが、それまでの間、世界は終末に向かって、大いなるカタストロフィーへと突き進む。
釈迦、イエス、ムハンマド、ノストラダムスなど、古今東西の予言者たちはそのように警告している。
イエス・キリストが再臨するまでに、地球と人類を滅亡させてはならない。
戦争や環境破壊などによる甚大な被害を、最小限に食い止めなければならない。
まさに、傲慢な野望である。

posted by CHYREN at 06:13| Comment(17) | 日本精神を取り戻せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

獣の国「日本」と国祖「国常立尊」の正体

日本は世界唯一の被爆国にして、戦争を放棄した国である。
その事について敬意を払う外国人は少なくない。
武装解除という勇気ある決断もまた、大和魂と呼ぶ事が出来るだろう。
武士道精神も、外国人から崇高の念を受けている。
拠って、日本には世界平和を主張する権利がある。
また、日本列島は世界地図の雛型であり、日本人には世界平和を実現する使命があるのだ。
だが、私は所謂「国粋主義者」ではなく、中道を往く者である。
船井幸雄氏などの有識者からも高い評価を受けている日本の預言書『日月神示』によると、日本は世界中の標的になるらしい。

「神の国八つ裂きと申してあることいよいよ近づいたぞ、八つの国一つになりて神の国に攻めて来るぞ」

「世界中総掛りで攻めて来るのざから、一度はあるにあられん事になるのぞ」


61EGEWYWEPL__SS500_.jpg

日本人のルーツを研究している歴史言語学者の加治木義博氏は、著書『【真説】日本誕生 黄金の女王・卑弥呼』(KKロングセラーズ)の中で、このように述べている。

『……日本は戦前、極悪非道な政治家どもに「占領」されていて、彼らは、こうした私たちの先祖の、真実の歴史が明らかになることを恐れていた。
なぜ恐れたか。
それはヒミコ、すなわち天照大神の「鬼道」が、仏の「絶対慈悲」「平和主義」「愛」といったものであることを、国民が知ることを恐れたのである。
しかし、その結果はどうなったか。
どれほど多くの人々が「生きながら地獄の苦しみを味わった」か、考えてほしい。
過去の「史学」やその仲間の学問は、その「悪魔」どもの道具だった。
だからそれは、真実を明らかにし、国民を平和に幸福にする、本当の学問ではなかった。
あべこべに国民を戦争に狩り出し、日本人が全滅するまで戦わせるための、「悪魔の組織」の一部だった。
第二次世界大戦は昭和天皇が反対を押し切って、死ぬ覚悟で「敗戦」を決定したから終わり、私たちは今、こうしてやっと本当の歴史を(かけらていどだが)見られる幸福を、楽しむことができたが、そうでなければ「大日本帝国の滅亡」ぐらいでは済まず、文字通り「一億玉砕」するところだったのである。
それも日本の国内だけなら、そんなヒトラーばりの連中に騙された国民の自業自得だと、あきらめるしかないが、日本の政治をどうすることもできなかった海外の、恐ろしいほど多くの人たちに、地獄の苦しみをなめさせてしまったのである。
こうしたことを「時代が悪い」とか「未開だったからだ」とか、いろいろな言い訳をする人間がいる。
しかしそれは間違っている。
今の日本人はその極悪非道を「許した」人間の子孫や親戚なのである。
もちろん私も、戦争中は生死の境に立たされ、様々なひどい目にあった。
被害者だと思ってはいるが、対外的には日本人である。
だから私は人類にお詫びするためにも……こんな本を書くのである』


私もそれに同感で、こんな本を書くのである。
このことは、日本人ひとりひとりが自覚しなければならない事である。

jwsh.jpg

加治木は、続けてこう述べている。

『いうまでもないが今の日本は、世界の助けがなければ絶海の孤島に合衆国なみの人口が飢えてひしめく、大変な「生き地獄」になる国だ。
商品をいくら作っても買ってもらえなければだめだし、お金がいくら余っていても、石油や食料を売ってもらえなければ一ヶ月ももたない国である。
そして今では私たち日本人の生活は、テレビで全世界に「まる見え」なのだ。
それが戦前のままの「ものの考え方」、体質をもっている、と分かれば、今度は天皇や総理がハラを切ったって、世界の人は許してはくれない。
外国人の目からみれば、テレビで見る自衛隊や、日の丸の旗を立てて走り回る自動車は、日本人が戦前の悪魔と同じ人間集団だと立証する証拠以外のなにものでもない。
世界の人々はそれを見るたびに、心の中で十字を切り、一日も早く日本人が一人残らずこの地球上から、消滅するようにと神に祈るのである。
もちろん、そんなことを口に出していう人は少ないが、経済摩擦にかこつけて、連日テレビで報道される「激烈な反日行動」の裏には、このことが「爆発点」に達したとき、かならず表面化する「抑圧された感情」が、はっきりと色濃くにじみ出ている。
その「嫌悪感」を、いっそう強く助長しているのが、「日本人種の孤立した歴史」なのである。
私たち自身、「世界のどの国の人たちと親戚関係にある」のか、はっきり説明できない。
世界でも類をみない「人類の中の無国籍もの」なのだ。
外国人からみれば、天孫族とは「宇宙から流れてきた(人類以外の怪物)なのである。」
そんなことで、どうして「国際化」などできるだろう?
そばへ寄れば「人類」の人々は気味悪がって逃げるだけだ。
夜になってひと皮むけば、その下から「もの凄い正体」が、ニューッとでてきそうだからである。
日本のこれからが、安心だと思う人は、余りにも世界のことも、人情も分からない「愚か者」なのである。
仮に議員や官僚にそんな者がいたら、それは不適格者だ。
これでなぜ?…「本当の日本史」や、さらに詳しい「日本人のルーツ」が「緊急に」必要なのか、よくお分かりになったと思う。
あとはご自分でいろいろ思索していただきたい。
そして本当に世界の人たちに、心から愛され親しまれ、互いに助け合える日が来るようにしていただきたい』


日本人は本当に悪魔なのだろうか。
我々はアメリカの支配者を悪魔だと認識している。
彼らユダヤ系財閥は、堕天使ルシファーの崇拝者である。
『新約聖書』の「ヨハネの黙示録」に示される獣の数字「666」を掲げ、自ら「反キリスト」を名乗っている連中である。
だが、「ヨハネの黙示録」に登場する竜「ルシファー」は、この日本列島を意味する。
拠って、「反キリスト」は日本で誕生する事になる。
複合解釈はあれど、これは事実である。
詳細は『神仙組2【善悪逆転論】』を参照して頂きたいが、『日月神示』を降ろした龍神「国常立尊」こそが「ルシファー」だからである。
posted by CHYREN at 00:58| Comment(14) | 日本精神を取り戻せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。